うるせえよ、馬鹿野郎

航海士にして後悔士。子育てとか禁煙とか映画とか。つまるところ備忘録。

スポンサードリンク

もはやジャングルモックさえあれば何もいらない

スポンサードリンク

皆さん靴はお好きだろうか?僕はかつて靴がとても好きだった。革靴はもちろん、スニーカーやサンダルさえも愛していた。かつては随分高級なものも買った。さすがにエドワードグリーンやジョンロブ、あるいはベルルッティまでは手が出なかったけれども、オールデンのチャッカブーツはいまだに僕の宝物の一つだ。
しかし、普段の生活においてそれらの靴が活躍する機会はほぼない。僕はスーツを着る仕事ではない。仕事中の足元を固めるのは専らシモンの安全靴だ。そして残念なことに職場の周りは舗装されておらずついでに水はけもとても悪い。履いていこうものならあっという間に駄目になってしまう。革靴のみならずスニーカーでも同様だ。例えば白いスニーカーなどはあっという間に茶色になってしまう。おそらくゴム長靴がベストなのだろうけど、晴れた日にゴム長靴で電車に乗る勇気は僕にはない。そして試行錯誤の結果、ある結論にたどり着いた。それがジャングルモックだ。
今更僕が説明するのもなんではあるが、ジャングルモックとはアウトドアシューズで有名なメレルによるスリッポンタイプの靴である。1998年の発売以来、多くのファンを生み出した傑作である。スリッポンと言えばVANSのものが有名だが、履き心地は断然ジャングルモックのほうが上である。まぁ値段もそれなりに違うので当たり前ではあるのだが。そしてレザー製でありながら豚皮を採用することによって最初から柔らかい。内張もクッション性が高いので靴擦れの心配もない。またゴアテックスやメッシュなどバリエーションも豊富で、スエードの弱点である雨や夏場の蒸れにも対応できてまさに至れり尽くせりだ。デザインは質実剛健、いたってシンプルな形だが意外とカラーバリエーションがあるのでこだわりのある方でも一足くらいはお気に入りが見つかるのではないだろうか?スエードなので黒や茶色などを選べば汚れもそれほど目立たない。
着脱が楽で履き心地がいい。おかげで毎日僕はこの靴を履いている。靴箱に眠っているほかの靴には悪いけども通勤が続く限り、僕はこの靴を履くのだろう。


[メレル] ウォーキングシューズ ジャングルモック メンズ Gunsmoke US 10(28 cm) 2E