うるせえよ、馬鹿野郎

航海士にして後悔士。子育てとか禁煙とか映画とか。つまるところ備忘録。

スポンサードリンク

禁煙3日目〜大人の真似をしたがる子供のために〜

スポンサードリンク

なんにせよ禁煙3日目である。

2日目は特に書くこともなかったので3日目の報告とさせていただく。とはいえ3日目も何もないのだが。

とりあえず恙無く禁煙は続いている。週末に友人と飲みに行く予定なのでそこが正念場だと思う。あとスヌースの味に飽きつつあるので手を打たねばならない。幸いなことに味のバリエーションはかなりあるのでなんとかなるだろう。

なんにせよ今のところ順調である。経過については特に書くことがないのだ。困った。強いて言うならコンビニでうっかり煙草を頼みそうになったくらいだ。未遂で終わってよかった。

せっかくなので禁煙の理由についてもう少し踏み込んでみよう。時間と経費の無駄は勿論だが、やはり子供の存在が大きい。とはいえ、僕は煙草の健康被害についてはそこまで信用していない。当然気は遣うけれど、そこまで神経質ではなかった。

では何故辞めようと思ったか?これは僕のやや特殊な喫煙習慣が原因である。僕は紙巻煙草の中でも手巻き煙草の愛好家だ。紙と煙草葉とフィルターを用意して、寝る前に翌日の煙草を自作するのが僕の日課だった。それを子供が真似をするのだ。煙草を吸う真似ではなく、煙草を作る真似をする。

これはよろしくないと思った。娘は今年から幼稚園に行く。人前でやられたらたまらない。ローラーに葉を詰めて巻く。この一連の作業は、大変困ったことにマリファナの作り方とほぼ一緒なのだ。

これはマズい。変な誤解を与えかねない。実際、昔公園で煙草を巻いていたら職質されたことがある。子供は勿論、妻にも迷惑がかかる可能性だってある。ママ友とかに変な目で見られたら可哀想だ。

そんなわけで、僕は健康というより主に世間体を気にして禁煙を決意したのだ。