うるせえよ、馬鹿野郎

航海士にして後悔士。子育てとか禁煙とか映画とか。つまるところ備忘録。

スポンサードリンク

禁煙初日〜煙草を辞めずにタバコをやめよう〜

スポンサードリンク

さて、今日かタバコをやめようと思う。と言っても禁煙ではない。僕がやめようと思っているのは紙巻煙草、シガレットだ。まぁいわゆる一般的なタバコである。僕は他にもパイプ葉巻をやるのでそちらは辞めないというスタンスだ。そっちは絶対辞めない。理由は色々あるが何より投資額が違う。ただの貧乏性である。

なぜ紙巻をやめるのか?

紙巻とても手軽だ。そして一番面倒くさいタバコでもある。どこでも買えて、最近は多少厳しくなったとは言えどこでも吸える。ちょっと探せば売ってるし、喫煙所だってなくなったわけではない。なにより一本吸うのにさほど時間がかからない。便利すぎる。なるほど依存するわけである。特に喫煙時間が考えもので1本はせいぜい5分程度ではあるが、結局それなりの本数を1日で消費する。僕の場合は1日大体20本なので100分程度、少なくとも1時間半は喫煙に費やす。なんか凄くもったいない気がする。日本のオフィスから灰皿が消えて久しいが、タバコ休憩というのは凄く無駄な時間だと思っている。

そして、紙巻とは喫煙という嗜好の最も浅い場所にある。無論手巻きなんかをやってみると紙やらフィルターやらそれなりに深いのだが、それでもパイプや葉巻のような趣味性は少ない。極めるにしても限度があるのだ。

喫煙を趣味として続ける、習慣ではなく嗜みとして続けたいと思っている僕にはあまり必要のないものに思える。なにより葉巻は金がかかるのだ。削れるところは削っていこうという算段である。

よって僕はシガレットを止めるいう決断した。

方法はどうするのか?

基本的に薬は使いたくない。チャンピックスは一度試してみたがどうにも合わなかった。

ではどうするか?スヌースを使ってみようと思う。嗅ぎ煙草だ。発想としてはニコチンガムやパッチと変わらない。離脱症状を抑えて緩やかに煙草から離れようという算段だ。とはいえ週末はパイプもやるし月末は葉巻も吸う予定だ。したがって僕は愛煙家のままである。ただ紙巻のリソースを他に使おうと思っているだけなのだ。

とりあえず初日はどうだったという話

実を言うと午前中はバッチリ吸っていた。というのも手持ちの煙草が少々あったからだ。捨てることも考えたが勿体無かったので吸ってしまうことにした。午後からはスヌースのみである。

やはりというべきか数時間おきに口に入れないとしんどい。実際夜中とか目が覚めそうな気がする。

今後も続けるのだ

さすがに毎日報告しても芸がないので定期的に書こうと思っている。僕が禁煙の話をしたらそれはネタがない時だと思ってほしい。