うるせえよ、馬鹿野郎

なんだかよくわからないけど書きます

電車とうんこ

僕は電車通勤だ。

バスも使う。

まぁ大体通勤時間は1時間。短くはないがとりたてて長いわけでもない。

ところで僕は乗り物が嫌いである。

正確に言うと中にトイレのない乗り物が嫌いである。

僕は乗り物に弱い、電車ですら酔う時がある。

あと仕事が嫌いでメンタルも弱い、通勤時は頻繁に腹痛に襲われる。

故に通勤電車が苦手である。

 

毎朝、大体電車の中で催すのだ。

うんこがしたくなる。

改札までは大丈夫なのだ。

電車に乗り、出発してから大体お腹が痛くなる。

家を出る前にある程度準備はしているのだが、駄目である。

改札を通るまでは全く反応がない。

大丈夫だ。いけるはずだ。そう信じて電車に乗ってもあっさり裏切られる。

食生活を気を付けても、薬を飲んでも駄目である。

こうなったらもう降車駅まで我慢して、降りたらトイレに駆け込むことしかない。

しかし、時間は通勤ラッシュ。 

 同じようなことにを考えるものは多くいる。

彼らは同志でありライバルだ。

トイレの個室は決して多くないし空いてるとは限らない。

いろんな意味で事故を起こすわけには行かないので走ることはしない。

最短かつ最小限の動きでトイレを目指さなければ。

ここは勝者のみが苦しみから逃れられる地獄の戦場。ここで負けてしまったら僕の下半身の尊厳が著しく損なわれることになる。

 

何を言っているのか?

 

とりあえず確かなのは僕が駅前にあるコンビニのトイレを全て把握しているということである。

 

どうでもいいですね。